起業:消防設備士『防災メーカーでも人材不足で悩む』vol.336 2020.2.7

東京940日目!

あらすじ

業界トップクラスの防災メーカーからHPで問い合わせを貰ってアプリのプレゼンに行った
防災メーカーでも人材不足で悩んでる
ウチのサービスを導入して問題解決を図ってほしい
業界の文化を変える為にはファーストペンギンが鍵

防災メーカーにプレゼン


【7日】
昼に東京到着して
家族と昼飯食べて

アプリのプレゼンに向かった
業界トップレベルの防災メーカーへ
なんと向こうからHPで問い合わせして来てくれた
とある方がこのブログを一年以上前から見てくれてて


俺のことやウチの社員の事をよく知ってくれてた
そこでアプリの事を知り、HPから連絡して来てくれてめっちゃ嬉しかった
出迎えから凄く丁寧に対応してくれて
人としての優しさが半端なかった
上役もいっぱい揃えてもらった中でアプリのプレゼンを開始した
めっちゃいい反応をしてもらえて嬉しかった

防災メーカーでも人材不足で悩む


やっぱりトップレベルの防災メーカーでも人材不足で悩んでる
各企業、消防設備点検や消防設備工事などの仕事案件はいっぱい来るのにそれに対応する作業員数が足りてないから断ってる
それか、作業スキルの殆どいらん仕事でもめっちゃベテランが動いて利益を逃してしまってる

その人たちを適切なレベルの仕事に割り振り出来れば各企業の売上と利益は跳ね上がる
でも自社の繋がりの中だけでは限界がある


だから単日や期間を設けて、指定した作業レベルに合わせて作業員とマッチングできるITサービス『ビルメ』を作った
防災メーカーさんだけじゃない
消防設備業界の殆どの企業が人材を集めたい日に集められずに苦労してる
配置したくない現場にハイレベルな作業員を当てて利益を逃すことも多々ある
その問題が解決出来ることを分かってくれてホンマに嬉しかった
聞くと、プレゼンを終えて俺、吉田、八木さんが帰った後でも
どうやって導入しようか談義をしてくれてたらしい

業界の文化を変える


防災メーカーは売上数百億円の巨大企業
新しいことをする為に動くのは一苦労すると思う
でも、前向きに考えてくれてる事がデカい


業界の文化を変える
それが成せれば全ての防災メーカーさんがウチのサービスを導入してくれる

ファーストペンギンが鍵やな
防災メーカーの社員でウチに連絡してくれた人が最後送ってくれた
そこでより仲良くなって飲みに行くことになった
俺がコーラしか飲まんことも知ってくれてた

明日、試験


事務所に戻ってから社員2人に消防設備士甲種4類の勉強を教えた
明日は試験当日
ギリギリまで2人がわからんところを解説したり
重要なところを改めて伝えた
青木くんも菅くんも勉強からずっと逃げて来てた
2人とも今までの人生で一番勉強してるらしい
去年の年末から勉強始めてよく頑張った
明日の本番、上手くいくこと祈ってるよ
消防設備士甲種4類は自動火災報知設備を中心とした試験内容


YouTubeでレクチャー動画を出してる消防設備士乙種6類の次に受験者数が多い
やっぱ工事案件数としては4類関係の工事がダントツで多いからみんな受ける
4類のYouTube動画も需要あるやろうな
動画編集も八木さんだけでは厳しい
システムチームでのIT事業が忙しいから
他にも手立てを考えよう