起業:消防設備士『ビルメに軽作業の案件』vol.772 2020.2.26(後)

東京1418日目!

あらすじ

早稲田ににあるR.I.Tさんの事務所でビルメのプレゼン
凄く興味を持ってくれて嬉しかった
これからビルメには『軽作業』の案件も載っていく
色んなワーカーが働けるように
その後アプリの作り方の話をした

建設×ビルメンのオンラインサロン『team1』

消防設備士のYouTubeチャンネル『WAVE1TV』

ビルメン業界のマッチングサービス『ビルメ』

消防設備業界のビジネス書『最強の仕事』

ビルメに軽作業の案件

【26日(後)】

夕方は早稲田へ

軽作業や清掃などの業務をやってる『R.I.T』さんへ挨拶に行った

この前の小川さんの試合で初めて挨拶させてもらって一緒に観戦した

島岡さんからの紹介で『ビルメ』に興味を持ってくれた

ビルメでは軽作業の案件を載せることが出来る

この前は『チラシ配り』とか『草むしり』って案件も載ってた

まあ、そんな感じで多彩な仕事を載せることが出来るから

ドンドン色んな軽作業の案件も載せて欲しいと思う

R.I.Tは兄弟(大木兄弟)で経営をしてる若手起業家やった

年齢も俺と同じくらいで創業もWAVE1と同じくらい

しかも社員数も同じくらいで似てるところが多かった

ってことで色んな話で盛り上がった

アプリの作り方

アプリを作ることにも興味をしてしてた

ビルメン業界のマッチングサービス『ビルメ』

大「ビルメって作るのにどれくらいかかりましたか?」

俺「今は人材への投資を積極的に行ってるので総合計でいうと〇〇万円位ですね」

大「え!?そんなにかかるんですか?」

俺「ビルメってお金関係も含めて複雑なんで結構かかりましたが、そこまで複雑でなければ300万円〜1000万円くらいで作れますよ。」

大「全然ITのこと分からないのでまた詳しく聞いてもいいですか?」

俺「もちろんです。僕も始めは全く分からなかったのでやりながら失敗を色々して覚えて行きました。僕が伝えれることであれば何でも喋りますので気軽に聞いてください。」

大「ありがとうございます。」

ビルメはアップデートもしたし、結構複雑やから大変やった

制作期間も1年半かかった

まあ、俺が初めからITのことを今くらいにわかってたらもっと早く作れてたと思う

それに失敗も避けれた

けど、そんなこと気にしてたら何も前に進められへん

これからも進みながら学んでいく

消防設備業界のビジネス書『最強の仕事』

けど、今まで俺が経験して得た情報はドンドン伝えて行きたい

そんなんでお金なんかいらん

出来るだけ失敗をして欲しくない

アプリって金さえかければとりあえずは作れる

ホンマに作るだけならな

運用が大変

けど、1番重要なのは作った後

どう運用するのか

それがマジで大変

運用・管理は外注すべきでない

作るまでの製作は外注でいい

IT企業じゃないのに始めからITエンジニアを雇うのは無理やから

お金的な問題でなくても1人雇った所でITの事を経営者が分かってなければ管理出来ひん

だから製作は(始めのうちは)外注でいい

けど、ある程度の時期が来たら内製化した方がいい(IT企業を目指すなら) 

ウチも今からITエンジニアを内製する準備をしてる

↑当時のブログ記事はこちら

けど、とりあえずビルメを作る段階からITの世界でおった八木が入社したのがデカかった

やっぱど素人の俺とITエンジニアを抱える製作会社だけでやり取りしてても全く前に進まん

ちゃんと内部にITを分かってる人間がおらんと「全く使い物にならんアプリ」を作られても気付くことも出来ひんから

マジでバグだらけで渡されたりもする

だから運用・管理する為からでも

IT人材は入れるべき

本気でやるなら

ただ、社内の業務効率化を進めるためだけのアプリなら話は別

IT人材なんか雇わんでいい

今はノーコードでアプリを作れるプラットフォーム(ヤプリなど)が出てるから

それを使えば簡単にアプリを作れる

ただしそれを使って他に販売したり

課金モデルを作ることは出来ひん(基本的には)

それをしたかったら自分たちで作らなアカン

そこが大変やねんな

蟻と象

終わってから家に帰ってzoom

巨大プロジェクトについて

また大きな企業が参画してくれそうで楽しみ

最近思うねんけど

今のWAVE1を蟻として

象くらいに大きい会社と普通にビジネスの話をしてて

一緒に世の中にないものを作ろうと走ってる

普通じゃあり得へんことが起こってる

普通は大企業だけでやるのが普通

でも何で俺が一緒に出来てるかって

ここから圧倒的に急成長をすると期待されてるベンチャー企業やから

『消防設備業界日本一』が嘘じゃないと周りの人達が期待してくれてるから

だから一緒にやれてる

この『期待値』ってめちゃくちゃ大切

口だけじゃ信じてくれへん

行動せんと

結果を出していかんと

そうすれば必ずもっと面白いことが起きるから